毛が作られるしくみ

抜いても抜いても生えてくるムダ毛が作られるしくみとは、どのようなものでしょうか。次の成長に向けて準備をしている休止期、ぐんぐん伸びて発育を続ける成長期、成長が止まって抜けてしまう退行期、と移り変わりながら皮膚の奥で細胞分裂を繰り返しています。部位によって違いは出ますが、ワキであればだいたい2カ月から3カ月くらいの周期で生え変わっています。成長期は黒々としていてメラニン色素を多く含んでいます。永久に生えてこないようにするために、細胞にダメージを与える効果があるとされるのはこの時期のものだけです。そのため頻繁にエステなどに通ったとしても、周期に合わせた処理をしない限り、どんどん再生されてしまうのです。処理の結果に満足できない場合は、周期を無視した処理が原因になっていることが多いようです。また、うまくダメージを与えられたとしても、ホルモンバランスの影響で細胞が活性化してしまい、再び生えてきてしまうというケースもあるようです。このサイクルは体質などにより個人差があるので、判断するのが難しいところでもあります。しかしきれいなすべすべ肌を目指すのであれば、周期に合わせた対処と根気強く処理をしていくことが必要になります。

コメントは受け付けていません。