毛のメカニズム

毛のメカニズムは、人間の進化によって作られてきたものです。頭から生えてくるものがあれば、腕から生えるものもあります。かつては猿のように全身に生えていたはずですが、進化の過程によって主に頭の部分に多く生えるようになったのです。髪の色については、人種によって異なる傾向があります。金色の髪があれば黒髪もあるのは、人類の多様性によるものです。

ヘアーサイクルというメカニズムも注目されています。成長期から退行期へと移行すると細胞の分裂が停止して、抜け替わるための準備段階になります。休止期になると生えていたものは完全に抜け落ちて、新しいものが生え変わるための準備段階となります。そして再び成長期に突入して、髪などが生えてくる仕組みです。このサイクルも人間の進化の過程で生まれたもので、神秘とも言える現象です。

髪にしてもヒゲにしても、濃さには個人差があります。個人差については、遺伝によって左右されていることも少なくありません。遺伝の情報は昔はよく分からなかったのですが、最近の研究によって詳細に分かるようになりました。髪については、薄くなりやすい傾向がある家系もあります。髪質についても、人種などによって違う傾向がありますが、これも進化の過程で作り出された性質です。

コメントは受け付けていません。