休止期

毛周期の発毛と脱毛を繰り返すサイクルのこと、成長期、退行期、そして休止期があります。体が極度のストレスを感じた場合に、毛髪の約70%が成熟せずに成長が止まります。この毛髪は今後成長するこよはなく、休止脱毛といい、脱毛することとなります。通常、頭皮からは1日に50~100本の頭髪が脱落します。この期間は個人により異なりますし、頭髪の色や毛包の形もこの期間に影響しますが1本が休んでいる機関は約3か月間とされ、眉などで約9か月、陰毛については1年~1年半です。この時期は毛根が頭皮部分の浅いところにあるので、ブラッシングやシャンプーなどで簡単に抜け落ちます。また、毛髪が休んでいる間は毛乳頭部が球のようになり皮膚の中で休んでいます。そしてAGA、男性型脱毛症では男性ホルモンの影響で成長期の期間が短くなってしまうため、相対的に退行期などのこれらの期間の毛髪の成長がほとんどなくなった状態の毛髪が増加してしまうのです。休眠期とも言えるこの時期は植物にも関わりのある言葉で、株が生長を休止している期間です。この期間中に開花する種類が多く、多くの洋ランは冬季が休眠期ですが、中には真逆の夏季が休眠期の種、一年を通して生長し、休眠期がない種もあります。

コメントは受け付けていません。