毛はなぜ生えてくるのか

毛には成長期、退行期、休止期と呼ばれる3つのサイクルが有ります。
成長期は成長を促すサイクルとして存在する物であり、この時期に処理をする事で再び生えてくることは有りません。
しかし、退行期や休止期の時期というのは細胞組織が停止をしているため処理をしても再び生えてくることになるのです。

レーザーの光を照射させることで、組織を破壊して再び生えることを阻止することが出来るわけですが、レーザーの光は組織部分で熱エネルギーへと変換し、そこで組織を破壊することが出来るのです。
但し、これも成長期に入っている細胞組織のみであり、休止期や退行期に入っている組織にレーザーを照射させても再び生えてくることになるのです。

細胞組織は退行期に入ると古くなった物を抜け落ちさせ、次に生えるものの細胞分裂を促す事になります。
しかし、細胞組織が破壊されることで再び生える事は無いのです。
成長期に入っている細胞組織は破壊をすれば再び生えることはありませんが、休止期や退行期に入っている場合には細胞組織を破壊しようとしても新しい細胞組織の分裂が始まる前となるため、再び生えだしてくることになるのです。

この事からも確実に処理することが出来るのは成長期のみと言う事になるのです。

コメントは受け付けていません。